看護師の仕事 夜勤

看護師 HOME

夜勤について

私個人は夜勤の経験がありませんし、2交代の病院の夜勤しか
分かりませんが、知っている限りでの夜勤者の仕事について書
きますね。

私がいた老人病院の夜勤は60床に対して看護師1人、ケアワーカー1人でした。
急性期病棟にいたときは、病棟に夜勤看護師2人、30床を1人で看ます。

夜勤者は日勤が終了する30分前から勤務に入ります。
一番最初の仕事が、日勤者からの申し送りを聞くこと。

その日の患者さんの状態などを送られるので、ノートやメモ用紙に
記録します。

申し送りが終わると、患者さんの食事時間に入るので、配薬。
食事の介助に入り、夜のラウンド(検温)、記録。

高齢者は自分で動くことができないので、オムツ交換に入ったり、
2時間おきに体位変換、ナースコールの対応。

状態の悪い患者さん、発熱の患者さんはこまめに観察します。

仮眠は2時間取れればいいくらいなんだそうです。
大体、忙しくて眠ることなんてできないといいます。

朝は6時くらいから検温、朝一番に採らなければいけない
採血の検査などがあったらやります。

朝の記録、食事介助、日勤者に患者さんの状態の申し送りをして、
勤務終了です。

もし、勤務中に患者さんの急変があった場合、少ないスタッフで対応
しなくてはいけないので、精神的にも大変な部分はあります。

また、日勤と違ってスタッフが少ないので、スタッフ間での人間関係は
楽に感じたりするみたいです。


元看護師ママが送る看護師情報 全項目

看護師の転職・就職
看護師の転職・就職について 看護師の転職・就職先を探すとき 看護師の転職にハローワークを利用する 看護師の転職に人材派遣会社を利用する 転職に意思を職場に伝える
看護師の求人・募集
看護師の求人・募集先 外来勤務 病棟勤務 常勤で働く パートで働く 高齢者むけの施設・病院
看護師の勤務先
透析室 小児科 回復リハビリ病棟
看護師の給料
看護師のお給料 准看護師のお給料 派遣の時給・日給 夜勤手当 お給料の高い勤務先 お給料の安い勤務先 看護師の手当て
看護師の仕事
看護師の仕事について 看護師の仕事 その2 看護師の仕事で大変なこと 看護師の仕事 必需品 看護師の勤務体制 看護師の仕事 夜勤
看護師と准看護師の違い
看護師と准看護師の定義 資格と試験について 仕事内容について
看護師のスキルアップ
通信制2年課程で准看護師からスキルアップ 准看護師から看護師を目指す方法 准看護師制度は廃止されるのか? 社会人から看護師を目指す
看護師の派遣
看護師の派遣先 健康診断の補助業務 病棟への派遣
看護師になるには
看護師の種類 看護師を目指す 准看護師を目指す 認定看護師を目指す 専門看護師を目指す 助産師を目指す 保健師を目指す
看護師と子育て
院内保育室について