看護師の転職・就職先を探すとき

看護師 HOME

看護師の方が転職・就職するときに利用されるもので、
一般的なものが新聞の折込求人だったり、町で配られている
フリーペーパーの求人誌、もしくは本屋さんで売っている求人
情報誌でしょうか。

そんな私も最初は新聞の折込求人を見て、病院に電話をかけました。

でも、自分でアポイントをとって面接の日を決めたりするのは
思ったよりも大変でした。
というのも、なかなか勇気がでなかったから・・・

だって、看護師として経験が少ないうえにブランクがあって、
しかも子供がいて・・・、ぜったい採用してもらえないんじゃないか・・・と、
余計な心配ばかり考えていたからです。

でもいざ面接に行ってみると、「いつから来られるの?」という感じで、
拍子抜けしちゃいましたが。

だいたいどこの病院も人手不足が深刻で、病気とかがない限り、
採用を断るようなことはほとんどないようですね。

ですから、面接のときは、冷静になって、
必ずこちらの条件を伝えて、給与などの待遇面を確認しましょう。

給与とか、待遇面に納得した上で採用してもらわないと、
あとからいろいろなトラブルの元です。

私の場合は試用期間の3ヶ月の間に、子供の病気などで
休みが多かったという理由で、翌年からの厚生年金や健康保険に
入れなかったことがあります。

最初は入れるという約束だったのに・・・

看護師として勤務する上でブランクがあって心配なら、
必ずそのことも伝えて、きちんと指導して
くれる人がいるのかも聞いた方がいいと思います。

特に、看護記録に関することは、病院によって方法がさまざまですし、
ましてや電子カルテならパソコン操作も必要です。

看護計画や看護診断に関しては、少し前までの
准看護師学校では学んでいないことが多いので、
教育体制なども聞いておきたいところですね。

大体はじめから教えてもらえる所は少ないし、
自分から学んでいこうとする姿勢がないといけないのだけれど、
不安が沢山あるまま転職するのが一番良くありません。

何でも聞いてしまいましょう。



元看護師ママが送る看護師情報 全項目

看護師の転職・就職
看護師の転職・就職について 看護師の転職・就職先を探すとき 看護師の転職にハローワークを利用する 看護師の転職に人材派遣会社を利用する 転職に意思を職場に伝える
看護師の求人・募集
看護師の求人・募集先 外来勤務 病棟勤務 常勤で働く パートで働く 高齢者むけの施設・病院
看護師の勤務先
透析室 小児科 回復リハビリ病棟
看護師の給料
看護師のお給料 准看護師のお給料 派遣の時給・日給 夜勤手当 お給料の高い勤務先 お給料の安い勤務先 看護師の手当て
看護師の仕事
看護師の仕事について 看護師の仕事 その2 看護師の仕事で大変なこと 看護師の仕事 必需品 看護師の勤務体制 看護師の仕事 夜勤
看護師と准看護師の違い
看護師と准看護師の定義 資格と試験について 仕事内容について
看護師のスキルアップ
通信制2年課程で准看護師からスキルアップ 准看護師から看護師を目指す方法 准看護師制度は廃止されるのか? 社会人から看護師を目指す
看護師の派遣
看護師の派遣先 健康診断の補助業務 病棟への派遣
看護師になるには
看護師の種類 看護師を目指す 准看護師を目指す 認定看護師を目指す 専門看護師を目指す 助産師を目指す 保健師を目指す
看護師と子育て
院内保育室について